弁護士に相談しよう

弁護士一般的に交通事故の後の示談というものは任意保険の会社を通して行うというイメージがあるでしょう。しかし10対0の事故で自分が被害者の場合、自分と相手方の保険会社で示談を行う展開になることがほとんどでしょう。このような場合特にその道のプロである相手方の保険会社に有利な形で物事を進められてしまう可能性もあります。

そこでお勧めしたいのがこうした交通事故弁護士に示談を依頼すると言う方法です。弁護士を通じて慰謝料請求を行うというわけですが、なんだか大げさな展開にしているような気持ちになったり、結局弁護士に高いお金を支払わなければいけないのではないかった不安になる方もいます。

しかし実際には任意険会社の基準で算出される慰謝料の額よりも、弁護士基準で算出される慰謝料の金額の方がずっと高い場合が多いので、弁護士費用を支払ったとしてもトータルで自分が受け取ることができる慰謝料金額は弁護士を通して請求した場合の方が高い可能性があるのです。交通事故にあった直後からしっかりと弁護士に相談するようにすれば、不利な形で示談が進められないようにアドバイスをもらうことができますし、なんといっても慰謝料の増額が見込めるので、普段から交通事故にあった場合にはどの弁護士に相談できるかリサーチしておくことも大切です。