交通事故の確率

交通事故自動車免許を取得した人で1度も交通事故にあったことがないという人はどれくらいいるのでしょうか。大きな事故もあれば小さな事故もありますが、何らかの交通事故に関係してしまったことがある人は数多くいます。国土交通省によるある計算によると人生で交通事故に会う人は、2人に1人という意見も出ています。これは飛行機事故にあう確率と比べるとかなり高い数字だと言えるでしょう。もちろん生涯1度も交通事故に遭わずに済む人もいれば、1年間の間に2回も交通事故に遭ってしまう人もいる事でしょう。いずれにしても交通事故は小さいものであっても怪我をしたり仕事を休まなければならなくなったり、精神的なダメージを受けたりするものです。加害者になった場合も被害者になった場合も同様です。

どんなに自分が気をつけて安全運転を心がけていたとしても、ひょんな事から交通事故に巻き込まれてしまうということがあります。さらに交通事故の難しいところは、どんなに相手方の方が悪いように思えても、自分の側も動いていたら、ある程度過失が生じてしまう可能性が高いという点です。もちろん自分が加害者になった場合は保険会社を通して誠意ある対応をしたいと考えるものですが、逆に被害者になってしまった場合の正しい対応の仕方も普段から学んでおく必要があるでしょう。そうでなければ自分が受けた被害に対して本来受けられる保証や慰謝料等を受けられずに終わってしまうということにもなりかねません。