交通事故の慰謝料

まず1つ覚えておきたいのは、治療費と慰謝料は違うという点です。治療費というのはその名の通り治療にかかった費用のことを言いますが、慰謝料とはそれとは全く別に、精神的苦痛に対して支払われるお金のことを言っています。交通事故の被害者が受け取ることのできる金銭の中では、休業損害等もありますし、それ以外に修理費や慰謝料等があります。こうした交通事故の被害者が受け取ることのできる金銭をまとめて示談金という言い方で表すことが多いです。

慰謝料そして一口に交通事故にあった場合の慰謝料といっても、交通事故にあって怪我によって入院や通院をしたことに関して支払われる慰謝料と、交通事故にあって後遺症が残ってしまった場合に支払われる後遺症害慰謝料があります。後遺障害が認定されるほどの怪我の場合、高額な慰謝料が支払われる事は想像に難くありませんが、通院や入院に対する慰謝料に関してもかなり高い金額が支払われることもあります。この部分で覚えておきたいのは、この慰謝料の算出基準が3つあるという点です。1つは自賠責基準、2つ目は任意保険の会社の基準、そして最後に弁護士基準というものがあり、それぞれ算出の仕方や金額が違ってくるのです。