弁護士に相談しよう

弁護士一般的に交通事故の後の示談というものは任意保険の会社を通して行うというイメージがあるでしょう。しかし10対0の事故で自分が被害者の場合、自分と相手方の保険会社で示談を行う展開になることがほとんどでしょう。このような場合特にその道のプロである相手方の保険会社に有利な形で物事を進められてしまう可能性もあります。

そこでお勧めしたいのがこうした交通事故弁護士に示談を依頼すると言う方法です。弁護士を通じて慰謝料請求を行うというわけですが、なんだか大げさな展開にしているような気持ちになったり、結局弁護士に高いお金を支払わなければいけないのではないかった不安になる方もいます。

しかし実際には任意険会社の基準で算出される慰謝料の額よりも、弁護士基準で算出される慰謝料の金額の方がずっと高い場合が多いので、弁護士費用を支払ったとしてもトータルで自分が受け取ることができる慰謝料金額は弁護士を通して請求した場合の方が高い可能性があるのです。交通事故にあった直後からしっかりと弁護士に相談するようにすれば、不利な形で示談が進められないようにアドバイスをもらうことができますし、なんといっても慰謝料の増額が見込めるので、普段から交通事故にあった場合にはどの弁護士に相談できるかリサーチしておくことも大切です。

交通事故の慰謝料

まず1つ覚えておきたいのは、治療費と慰謝料は違うという点です。治療費というのはその名の通り治療にかかった費用のことを言いますが、慰謝料とはそれとは全く別に、精神的苦痛に対して支払われるお金のことを言っています。交通事故の被害者が受け取ることのできる金銭の中では、休業損害等もありますし、それ以外に修理費や慰謝料等があります。こうした交通事故の被害者が受け取ることのできる金銭をまとめて示談金という言い方で表すことが多いです。

慰謝料そして一口に交通事故にあった場合の慰謝料といっても、交通事故にあって怪我によって入院や通院をしたことに関して支払われる慰謝料と、交通事故にあって後遺症が残ってしまった場合に支払われる後遺症害慰謝料があります。後遺障害が認定されるほどの怪我の場合、高額な慰謝料が支払われる事は想像に難くありませんが、通院や入院に対する慰謝料に関してもかなり高い金額が支払われることもあります。この部分で覚えておきたいのは、この慰謝料の算出基準が3つあるという点です。1つは自賠責基準、2つ目は任意保険の会社の基準、そして最後に弁護士基準というものがあり、それぞれ算出の仕方や金額が違ってくるのです。

交通事故の確率

交通事故自動車免許を取得した人で1度も交通事故にあったことがないという人はどれくらいいるのでしょうか。大きな事故もあれば小さな事故もありますが、何らかの交通事故に関係してしまったことがある人は数多くいます。国土交通省によるある計算によると人生で交通事故に会う人は、2人に1人という意見も出ています。これは飛行機事故にあう確率と比べるとかなり高い数字だと言えるでしょう。もちろん生涯1度も交通事故に遭わずに済む人もいれば、1年間の間に2回も交通事故に遭ってしまう人もいる事でしょう。いずれにしても交通事故は小さいものであっても怪我をしたり仕事を休まなければならなくなったり、精神的なダメージを受けたりするものです。加害者になった場合も被害者になった場合も同様です。

どんなに自分が気をつけて安全運転を心がけていたとしても、ひょんな事から交通事故に巻き込まれてしまうということがあります。さらに交通事故の難しいところは、どんなに相手方の方が悪いように思えても、自分の側も動いていたら、ある程度過失が生じてしまう可能性が高いという点です。もちろん自分が加害者になった場合は保険会社を通して誠意ある対応をしたいと考えるものですが、逆に被害者になってしまった場合の正しい対応の仕方も普段から学んでおく必要があるでしょう。そうでなければ自分が受けた被害に対して本来受けられる保証や慰謝料等を受けられずに終わってしまうということにもなりかねません。